島根大学 総合科学研究支援センター
遺伝子機能解析部門
HOME 部門紹介 利用規則・利用申請手続き 利用申請書様式集 研究設備・機器 オンライン機器使用予約 受託サービス RI実験施設 スタッフ 植物ベクター 学術セミナー 技術講習会 公開講座 行事 カレンダー 機器配置図 年報・通信 参加記 キャンパスマップ リンク
 
大学連携研究設備ネットワーク
 
HOME > お知らせ
利用申請書様式集
 
 第251回 遺伝子機能解析部門セミナー(12/11)
「植物の光合成における緑色光と遠赤色光の役割」
 
第251回 遺伝子機能解析部門セミナー
(第373回 細胞工学研究会講演会)

日時:2019年12月11日(水)15時00分〜16時30分(講演1時間・質疑15分を予定)
場所:島根大学生物資源科学部1号館101教室

演題:植物の光合成における緑色光と遠赤色光の役割
演者:寺島 一郎 氏(東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 植物生態学研究室)

高校の生物の教科書には、「植物の葉が緑に見えるのは、葉が緑色光を吸収せず反射・透
過するからである。だから、緑色光は光合成には使われない。」というような説明が見ら
れる。これは誤りである。緑葉の緑色光の反射率や透過率は確かに赤色光や青色光にくら
べて大きい。しかし、青色光や赤色光を90%程度吸収する葉では、緑色光も70%は吸収さ
れる。つまり、吸収されないのではなく、吸収率が「やや」低いのである。また、吸収さ
れた緑色光は赤色光と同程度の効率で光合成を駆動する。これらは、1960年代には明らか
になっていたことである。本講演では、強光下では緑色光は赤色光よりも高効率で光合成
を駆動することを明らかにした研究を紹介する。赤色光や青色光はクロロフィルに強く吸
収されるので葉の奥には到達しない。葉の奥にある光飽和に達していない葉緑体の光合成
を駆動するのは、クロロフィルに吸収されにくいからこそ葉の奥に到達する緑色光なので
ある。
 Emersonが1940年代に単色光を使って求めた光合成の作用スペクトルは、680 nmより長
波長側は突然著しく低下する。このred-drop現象の印象が非常に強かったためか、光合成
に有効な波長は一般には 400 - 700 nmとされている(光合成有効放射)。われわれは、
変動光が光合成に及ぼす影響の研究途上で、赤色の変動光が光化学系Iを阻害することを
発見した。しかし、光合成O2発生やCO2吸収を単独では駆動しない700 nmより長波長の遠
赤光が存在すると、変動光による光化学系Iの阻害がおこらなくなった。野外の変動光環
境下で植物の光化学系Iに阻害が見られないのは、ふんだんに存在する遠赤色光のためで
ある。さらに、強光と弱光が繰り返すような変動光下では、遠赤色光が存在すると、特に
弱光時の光合成活性が高くなることも見出した。強光下では、過剰な光エネルギーは熱と
して散逸される。強光後の弱光下ではこの機構が速やかスイッチオフされなければ、光合
成の効率は上昇しない。遠赤色光は、まさにこの速やかなスイッチオフの役割をはたす。
この分子機構を明らかにするために、変異体を使った研究を進めている。これらのデータ
を示して、分子機作を議論したい。

(2019.11.26)
 

前へ お知らせ一覧 後へ


HOME

↑top
 
島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター 遺伝子機能解析部門
Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research, Organization for Research and Academic Information, Shimane University
〒690-8504 松江市西川津町1060  Tel&Fax 0852-32-6109    
 
HOME/ 部門紹介/ 利用規則・利用申請手続き/ 利用申請書様式集/ 研究設備・機器/ オンライン機器使用予約/ 受託サービス/ RI実験施設/ スタッフ/ 植物ベクター/ 学術セミナー/ 技術講習会/ 公開講座・講演会/ 行事/ カレンダー/ 配置図/ 年報・通信/ キャンパスマップ/ リンク

Copyright © 2010- Department of Molecular and Functional Genomics, Interdisciplinary Center for Science Research,Organization for Research and Academic Information, Shimane University All rights reserved.